Loading...

代表挨拶

ブロードバンドジャパン株式会社の代表挨拶(社長メッセージ)をご紹介します。

代表のご挨拶

いまや、ICTは作るから、より上手に使うに世界に変化を遂げてきました。

良いプロダクト/製品は、世の中にあふれています。それらを組み合わせて、上手に使いこなす ことが、求められる世界になってきたと思います。

ただパソコンやスマホを使っているだけの世界から、もう一つ上からビジネスを見て足りないところを、 きちんと方向付けをして、それらを補うことができる会社になりたいと思います。

私たちは、お客様と一緒に考えて、情報サービスのあるべき方向に導けるようにします。

何が問題なのか、何が障害となっているのかを、自分自身の課題として受け止めて、 それらを改善するためには、どんなシステムやソフトウエアが必要となるかを、お客様に きちんとご提案をして、良かったと思って頂ける情報サービスをご提供する会社にします。

ITプロダクトをご購入頂くお客様にとって、最良の会社であること。 なぜ、いまその装置・ソフトウエアが必要なのか、考え抜いたサービスをご提供します。 お客様から求められるものに、誠実に的確に、商品を販売するように努めます。 その導入価格以上の付加価値をお客様が感じられるサービスができる会社を目指します。

私たち一人ひとりは、サービスインテグレーション・デザイナになります。

これからのサービスインテグレーションを考えるとき、 1つ1つの製品ができる範囲はあっても、それらをインテグレート(統合)したときに 確実に価値を産みだせるようにします。

・提供するサービスの質が、圧倒的に高いこと
・お客様に、感動や感激を提供すること
・協力会社、関わる方全員に感謝をして、頂くこと

そのために、弊社の社員、一人ひとりが、IT情報サービスをご提供できるトップパートナーとなれるように、 最高の能力を身につけるべき、自己研鑽に励み、自分として最高の状態でいられるように努力します。 お客様には、誠実で、気が効いて、有能かつ知識に溢れ、誰よりも良く働く人であるように努めます。

常にお客様の立場から、私たちを見ることを心がけ、お客様のお役に立つように心がけて参ります。 IT情報サービスをご支援できる会社として、社会から求められるよう全社員が一丸となって、対応してまいります。


ブロードバンドジャパン株式会社
代表取締役社長
水野 裕識

代表プロフィール

簡歴

1995年
全国大学、企業数十拠点をNTT高速回線で接続して、並列コンピューティング、動画を用いた遠隔授業、遠隔ロボット制御をOn-Line Universityプロジェクトを、助手として村岡 洋一教授(早稲田大学)のもとで行う。
1997年
富士通研究所入社。国家プロジェクト(リアルワールドコンピューティングRWCP)に参画し、サーバの高速IPネットワーク化の研究開発プロジェクトを推進。その間、慶応大学WIDE Projectに参加して、動画配信事業に携わる。
移動ロボットの自律型行動制御方式で工学博士を取得、人工知能学会研究優秀賞を授与された。
2005年
ブロードバンドジャパン株式会社を立ち上げた。これまでに扱った案件数は、3桁に及ぶ。開成高校卒。

ICTビジネス(クラウド/ビッグデータ/ウェブ/集客)についての社長ブログはこちら